日頃より、弊社をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。この度、弊社は商号を「ゴーツーグループ 株式会社」から「ゴーツーラボ 株式会社」に変更いたしました。詳細については、「商号変更のお知らせ」をご参照ください。

3 分で分かるアトラシアン – Stash におけるアクセス制御、メール および SSH の設定編

2012-10-25 (Thu)  •  By 伊藤  •  活用のヒント  •  Bitbucket

「3 分で分かるアトラシアン」では、各種アトラシアン製品の導入や設定についてシリーズで解説しています。今回は Git レポジトリ管理ツール Stash におけるアクセス制御、メール、SSH の設定手順について取り上げます。

今回は Stash でのユーザーのアクセス コントロール、メール通知設定、SSH の設定について説明します。

アクセス制御

Stash はプロジェクト単位でのユーザーのアクセス制御が可能です。特定のユーザーに対し、クローンやプル リクエストなどの機能の許可を与えることができます。

[Permissions] リンクをクリックします。ユーザー Admin に対し、Project Administrator、Contributor および Observer の 3 つのロールが割り当てられているのが分かります。

既定では “No access” オプションが選択されており、誰もアクセスできない設定になっています。

ユーザー User1 を追加して、Contributor ロールを割り当てます。

メール通知設定

[Administration] > [Mail Server] をクリックします。

SMTP サーバーの情報を設定します。

プル リクエストを作成し、有効なメール アドレスを持つユーザーをレビュー担当者として指定しましょう。

レビュー担当者のメール アドレスに通知メールが送信されます。

承認されたり、ソースコードにコメントが入力されたりすると通知メールが送られます。

SSH 公開キーの登録

SSH プロトコルを使用する際に、パスワードなしで公開暗号化方式で接続する設定になります。

[SSH Keys] タブをクリックし、[Add Key] ボタンをクリックします。

公開キーを生成し、[Key] フィールド貼り付けます。

macbook:~ futa$ ssh-keygen 
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/Users/futa/.ssh/id_rsa): 
Enter passphrase (empty for no passphrase): 
Enter same passphrase again: 
Your identification has been saved in /Users/futa/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /Users/futa/.ssh/id_rsa.pub.
The key fingerprint is:
7f:77:d6:03:1d:d8... futa@macbook.local
The key's randomart image is:
+--[ RSA 2048]----+
|            E+X@+|
|            . O=o|

+-----------------+
macbook:~ futa$ 
macbook:~ futa$ pbcopy < ~/.ssh/id_rsa.pub

公開キーを貼り付けます。

HTTP と SSH の両方が有効になります。

git clone コマンドを実行してみましょう。

macbook:~ futa$ git clone ssh://46.51.xx.xx:7999/TEST/testrepo.git
Cloning into 'testrepo'...
Identity added: /Users/futa/.ssh/id_rsa (/Users/futa/.ssh/id_rsa)
remote: Counting objects: 17, done.
remote: Compressing objects: 100% (12/12), done.
remote: Total 17 (delta 4), reused 0 (delta 0)
Receiving objects: 100% (17/17), done.
Resolving deltas: 100% (4/4), done.

ローカルにファイルがダウンロードされます。

  前の記事 次の記事  

関連記事