日頃より、弊社をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。この度、弊社は商号を「ゴーツーグループ 株式会社」から「ゴーツーラボ 株式会社」に変更いたしました。詳細については、「商号変更のお知らせ」をご参照ください。

アジャイル開発のベスト プラクティス (後編)

2012-10-17 (Wed)  •  By 伊藤  •  活用のヒント  •  Bamboo Bitbucket Jira

今回の記事は、アトラシアン社製品の GreenHopper、Bamboo、Stash を使用し、アジャイル開発で必要な、スクラム、ストーリー ブランチ、継続的ビルド、Git レポジトリ、プル リクエスト、マージを効率的に行うベスト プラクティスをご紹介しています。なお、「アジャイル開発のベスト プラクティス (前編)」も合わせてお読みください。

1 つのストーリーのライフ サイクルは以下の手順になります。

  1. (GreenHopper) ストーリーを作成
  2. (GreenHopper) ストーリーを To Do から In Progress へ移動
  3. (Bamboo) ストーリー ブランチを新規作成
  4. (Stash) レポジトリを Clone
  5. (Git Client) ストーリー ブランチをチェックアウト
  6. (ローカル マシン) ストーリーを実装
  7. (Git Client) Stash にプッシュ
  8. (Bamboo) ストーリー ブランチのビルド実行
  9. (Stash) プル リクエストを作成
  10. (Stash) マージ コミット
  11. (Bamboo) マスター ブランチのビルド実行
  12. (GreenHopper) ストーリーを Done へ移動

7. (Git Client) Stash にプッシュ

プログラムの開発が完了したら、リモートのストーリー ブランチにプッシュしましょう。Stash のコミット タブをクリックしてソースコードを確認します。この画面では修正点が色分けされて表示されています。下の画面イメージでは、追加した行が緑色で表示されています。

8. (Bamboo) ストーリー ブランチのビルド実行

Bamboo は ストーリー ブランチのコードの修正を検出し、ビルドを実行します。

9. (Stash) プル リクエストを作成

ビルドが通ったら、早速、プル リクエストを作成して、マスター ブランチにマージをしてもらいましょう!

プル リクエストを作成するには、[Pull Request] ボタンをクリックするだけです。

ソースコードのレビュー担当者を選択します。

作成したプル リクエストは、未処理タブに表示されます。

10. (Stash) マージ コミット

レビュー担当者は、プル リクエストのソースコードをチェックします。問題が無ければ [Approve] をクリックします。

問題がある場合、ソースコードにコメントを挿入することも出来ます。

では、マージ コミットを行いましょう。[Merge] をクリックします。マージ コミットが完了したことを確認します。

11. (Bamboo) マスター ブランチのビルド実行

Bamboo は、マスター ブランチの変更を検出して、ビルドを自動実行します。

12. (GreenHopper) ストーリーを Done へ移動

ビルドが成功したら、ストーリーを Done へ遷移し、ストーリーは完了します。

以上が、1 つのストーリーを作成してから、実装を完了するまでのアジャイル アプローチをご紹介しました。アトラシアン製品を使用すると、継続的ビルドやストーリー ブランチの管理が自動化され、開発者の負荷が下がることがご理解していただけたと思います。

  前の記事 次の記事  

関連記事